2019 海洋学習プログラムin盤洲干潟(千葉県)

フィールドスタッフ 募集&スタッフ研修会(LTC指導者養成講座)


【募集中】

盤洲干潟(千葉県木更津市)で行うフィールドスタッフを募集します。

中学1,2年生の海洋学習プログラムin盤洲干潟(2019年8月28日~9月1日)で,グループリーダーとして,学びのお手伝いをしてみませんか? (部分参加もOKです)

 

干潟の生物と環境をこよなく愛する東邦大学名誉教授・風呂田利夫先生(プロフィールはこちら)を特別講師に招き、生徒たちの「何だろう?」「どうしてだろう?」を大切に、干潟の自然や環境をスタッフもいっしょに学んでいきます。

事前に,風呂田先生による「スタッフ研修」がありますので,干潟の生物の知識は問いません。

LAB to CLASSスタッフと一緒に,”干潟での暑い夏!”を共に活動していただける方の応募をお待ちしています!

 

★昨年度の事例報告はこちらをご覧ください!

 



~フィールドスタッフにご応募される方は,下記研修への参加が必須となります。~

 

【スタッフ研修会(LABtoCLASS 指導者養成講座:干潟編】

 

◆日程:2019年6月15日~16日 (1泊2日)

◆場所:千葉県木更津市盤洲干潟

◆対象:フィールドスタッフに応募される方 (参加必須)

◆講師:風呂田利夫氏(干潟研究:東邦大学名誉教授),人見道夫氏(ネイチャーガイド風の道),三好直子(ネイチャーゲームトレーナー)

◆参加費:一般 12,000円/学生・LTCリーダー 9,000円

    ※参加費に含まれるもの:研修会参加費、宿泊費(近隣ホテル・相部屋)、食費(夕朝各1回),プログラム実施中の移動費、保険料

      *昼食・集合場所までの交通費は各自ご負担ください。

◆内容:2019 年のスタッフ研修は、LAB to CLASS指導者研修と合わせて1泊 2 日の充実プログラム。

夜には,『干潟生物観察図鑑』(誠文堂新光社)の著者である風呂田利夫先生と、一緒にプログラムを作り上げる仲間と、盤洲干潟や海の環境のことを“熱く語る”時間を設けました。

また,本研修はLAB to CLASS指導者養成講座も兼ねております。雨天時などにも活用できるLAB to CLASS教材の活用法を学んでいただきますと,「LAB to CLASSリーダー」として登録が可能です。

 

◆研修スケジュール(予定)

【1 日目】

(9:00)木更津市「金田バスターミナル」集合

(午前)プログラムの講師である風呂田利夫先生の著書『干潟生物観察図鑑』(誠文堂新光社)を“課題にそって”紐解きながら、小櫃川河口干潟と金田みたて海岸(前浜干潟)の散策と生物観察を行います。

(午後)フィールドへの導入や,雨天時にも活用できる「LAB to CLASS教材」の体験,およびLAB to CLASSプロジェクトの理念の共有を行います。

(夜)<風呂田先生と熱く語ろう!>・・・本を読んで、実際に干潟を歩いて、感じたことや疑問の確認。そして、盤洲干潟への思いを、海への思いを、先生を囲んで語りあいましょう。

 

【2 日目】

(午前)小櫃川河口干潟と金田みたて海岸の散策&生物観察(さらに深い自然を体験をしよう)

(午後)体験型環境教育・インタープリテーションのミニレクチャー/LAB to CLASS教材を使った指導研修

(17:00)木更津市「金田バスターミナル」解散(予定)

 

◆応募締切日:2019年5月25日 ※20名程度(研修会)の募集です。