●海×先生 ~「知る・つくる・実施する・振り返る」 海のPBL(project baced learning)デザイン

【開催要項】

日 時:2019年11月24日(日)9時~17時 (受付8時45分~)
会 場:新渡戸文化学園10号館アフタースクール (東京都中野区本町6-38-1) ★アクセスはこちら★
対 象:学校教員,指導者など教育に関わる方 20名

参加費:無料 (事前予約必要)

 

内 容:海の素晴らしさ、楽しさ満載の教材<LAB to CLASS>をベースに,持続可能な社会を目指すための<スペシャル教材>をPBLデザインを用いて参加者と一緒に作成し,その場で子ども達に実践。成果の振り返りを行います。

各学校・施設ですぐに活用できる<海のPBLデザイン>を,参加者のみなさんと一緒につくることを目指すワークショップです。

 

ファシリテーター:山藤 旅聞氏


山藤 旅聞氏プロフィール

(新渡戸文化小中学校・高等学校 生物教諭/学校デザイナー /一般社団法人 Think the Earth SDGs for School アドバイザー/未来教育デザイン Confeito 共同設立者)

ブータンへの渡航を機に、“生徒自らが疑問を生み出し、解決のために行動する力”を引き出す教育デザインに取り組み始める。最近は SDGs をキーワードに、社会課題の解決に向けて《社会と教育》をつなぎ、多様なステークホルダーとパートナーシップを組みながら多数のプロジェクトを展開している。NHK 高校講座講師、東京書籍教科書編集委員。


スケジュール (予定) ※スケジュールは予定です。状況に応じて変更となる場合があります。

■9:00~12:00 ワークショップ

  • 海洋学習とPBL(講義)
  • LAB to CLASS教材体験(体験)
  • 教材をベースとしたプログラムデザイン(実習)          

<昼食休憩> ※昼食をご持参ください。

13:00~15:00 プログラム作戦会議

 15:00~17:00 指導実践&振り返り  


【海を学ぼうスクール ~海と日本PROJECT~】とは ★2019年度 全3回★

どこでも!楽しく!安全に!できる《海洋学習教材 LAB to CLASS》を活用した、小学生&教育関係者向けのワークショップ。子どもたちは「海の生きもの」をテーマに、教育関係者は今話題の「探究学習・アクティブラーニング」をキーワードに、「海と自分のつながり」に気づくことを目指します。 

主 催:LAB to CLASSプロジェクト(特非 海の環境教育NPO bridge)

協 力:学校法人新渡戸文化学園,未来教育confeito,海辺の環境教育フォーラム,一般社団法人JEAN

後 援:公益社団法人日本環境教育フォーラム



●海洋学習教材LAB to CLASSとは●


四方を海に囲まれた“島国”日本! 地理的・経済的なハードルを越え、全国の子どもたちに海を身近に感じてもらいたい−−−−。そんな想いのもとに全国で活動する多様なスペシャリストたちがつくる、海の学習教材です。「海の専門知識を持たない指導者(保護者)でも使いやすい教材をつくる」ことを通して「海の豊かさを守ろう(SDGsゴール 14)目指し、さまざまなテーマの体験型海洋学習教材を制作。現在 30 種を WEB サイトで公開しています。


◆どんな教材?

・そのまま使える教材が、無料ダウンロード OK!

・指導者のためのティーチャーズガイドを収録!

・フィールドでも室内でもできるアクティビティが多数。

★WEB サイトをご覧ください! https://lab2c.net



ダウンロード
チラシはこちらからダウンロードできます
2019海を学ぼうスクールin中野区_先生.pdf
PDFファイル 2.9 MB


●ご参加にあたって●


【お申込み前にお読みください】

  • 会場内には”幼児コーナー”もございます。お子様同伴で参加される方はご相談ください。
  • 本事業は「海と日本PROJECT」のサポートプログラムです。当日は取材が入ることもあります。また主催者が広報のための撮影を行います。ご了承の上,ご参加ください。
  • 同日,同場所で【海の生きものKIDSワークショップ】を開催します。
  • プログラム内容,ファシリテーターは変更となる場合があります。
  • プログラム終了後,アンケートのご協力をお願いいたします。
  • お申込み後にキャンセルされる場合は,できるだけ速やかに,下記フォームより必ずご連絡ください。

●お申込み・お問合せ●

 以下のフォームよりご連絡ください。★先着順で定員になり次第、締め切りとなります

 ※お電話でのお問合せ,お申込みは受け付けておりません。 


 

このイベントは,海と日本PROJECTの一環で実施しています。